佐藤雄紀2年ゼミ 辰野町障がい者就労支援センターにて音楽交流会を開催♪

本日、11月7日(木)長野県社会福祉事業団 辰野町障がい者就労支援センターから依頼を頂き、佐藤雄紀2年ゼミで音楽交流会を開催してきました。この交流会が少しでも充実した内容になるよう、ゼミのメンバーで徹底的に話し合い、時間を見つけては練習し、各自楽器を持ち帰り練習を重ねてきました。

 

学園祭に向けての準備、それぞれの就職活動(今も必死で頑張っています)、最後の保育実習などもある中、約1時間にわたる発表、本当によく頑張ったと思います。壁面のリンゴや音符などの素敵な装飾は、利用者の方々が音楽交流会に向けて準備して下さったそうです。お気持ちがとても嬉しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

当日のプログラムをご紹介します♪

 

1.となりのトトロ(ウクレレ演奏)

2.茶色の小瓶(3人連弾)

3.アンパンマンマーチ(ハンドベル)

*かえるのうたでハンドベル体験しよう!

4.エンターテイナー(3人連弾)

5.恋ダンス(連弾ピアノとダンス)

*みんなで一緒に踊ろう!

6.秋の童謡メドレー

*みんなで一緒に歌おう!

①やきいもぐーちーぱー

②とんぼのめがね

③まつぼっくり

④どんぐりころころ

⑤きのこ

⑥まっかなあき

⑦ホールニューワールド

⑧さんぽ

7.やまの音楽家(楽器体験)

*みんなで一緒に演奏しよう!

 

 

 

 

 

 

 

私は音楽というのは、国籍や宗教、年齢、障がいのあるなしなど関係なく、すべてを超えることができる素晴らしい力があると考えています。利用者様や職員の方々の笑顔を見ていて、音楽の大きな可能性をまた新たに感じることができました。貴重な機会を与えて下さった、長野県社会福祉事業団 辰野町障がい者就労支援センターの皆様、本当にありがとうございました。

 

今日の様子は、長野日報、たつの新聞、広報たつのにも掲載して頂けるそうです。良かったらチェックしてみて下さいね。佐藤雄紀2年ゼミは、12月1日(日)のほたるの里音楽祭に向けてしっかり準備を重ねていきます。またお会いできるのが今から楽しみです♪